意外と知らない新事実・・・!


皆さん、こんにちは!(*^_^*)

img_column01_02

意外と知らない、糖質ゼロと糖質オフの違いという事をご存知でしたか?

100ml中に含まれる糖質量に基準がある

『糖質ゼロ』と『糖質オフ』の違いについては、健康増進法に基づく栄養表示基準制度で、具体的な基準が定められています。

食品100gまたは飲料100mlに含まれる糖質が0.5g未満だと『糖質ゼロ』と表示されます。

一方、食品や飲料に含まれる糖質が、食品100g当たり5g、飲料100ml当たり2.5g以下の場合は『糖質オフ』と表示されます。

『糖質50%オフ』などと具体的な数字を表記する場合は、

①『当社○○ビールに比べて糖質50%オフ』など、表記比較対象の商品が明らかである、

②含まれる糖質量の差が、食品100g当たり5g以上、飲料100ml当たり2.5g以上である、という2つの条件を満たさなければいけません。

 

意外と知らない新事実でした!(*^_^*)

 

担当:森田