豆知識☆毎日ちがう尿の量!


尿の色は、毎日同じではありません。それは、体調によって左右されているからです。

たとえば、運動をして大量の汗をかいたのに、あまり水分を補給しないでいると、こい麦わら色になります。

また、多くの水分をとると、ほとんどほとんどの色のない尿が出ることがあります。

腎臓や肝臓などに異常があるときは、こい褐色や緑がかった茶色などの尿が出ることがあります。

ただし、薬やサプリメント、食べものなどによっても変わるので、すべてが病気にかかわっているとはいえません。

20150612_004708

 

肝機能が低下してしまうことでお身体の不調や代謝が下がってきてしまい、太りやすい身体になってきてしまいます。

COCOではパワーで肝機能を高め痩せやすいお身体を作ってくれます!(*^_^*)

images

是非一度お試しください!☆

 

担当:森田